アンヘレスのゴーゴーバー

ラグビーワールドカップの試合に賭けよう!↓

治安ヨシ!フィリピン アンヘレスのゴーゴーバーに行こうじゃないか!

さあ、アンヘレスで癒されよう


今では、世界一の男との遊び場(歓楽街)となった夜遊びタウン「アンヘレス」日本からのアクセスは悪いですが、ゴーゴーバーやホテルがお金を出し合い独自のツーリストポリスを組織するなど、フィリピン屈指の治安の良さです。

 

 

日本や韓国の企業が進出している地域でもあり海外からやってきた多くの観光客で賑わいを見せています。

 

 

メインの繁華街となっているのは米軍基地のゲート前に作られたフィールズエリアで娯楽施設として作られたゴーゴーバー街があり100店舗を超えるお店が立ち並びます。

 

 

日本にはない、このゴーゴーバーが男達のメインの遊び場となるわけですが、(一応、風俗もあります)ゴーゴーバーで働く女性ダンサーの登録は10万人弱とも言われており、正に選びたい放題なのであります。

 

これが、ゴーゴーバーの魅力


日本にはないゴーゴーバーの魅力を1つお伝えしておきます。

 

それは、「女の子をエッチをするだけではない」という所です。

 

「エッチ出来ればいいよ〜」という男性はマカオのサウナに行った方がいいでしょう。

 

フィリピンの女の子をデートして恋人気分を満喫し癒されたくないですか?基本的に女の子とはお泊り前提なのでショッピングに行ってプレゼントをあげたり
ディスコに行ったり、一緒にプールを泳いだりレストランで食事をしたりと、本当に気に入った女の子がいれば、恋人気分を味わう事が出来ます。

 

ゴーゴーバーのシステムは簡単

ゴーゴーバーに初めて行かれる男性の方も心配ご無用。とくに面倒なシステ厶ではないので安心してください。

 

 

@お店に入り、お酒を頼みます。1杯90ペソ〜(約200円)でお酒を注文します。

 

Aそして、テーブルに座り水着ダンサーをチェックします。もちろん、見るだけでもオーケーですが、そうは息子が許しませんよね。

 

B気に入ったダンサーを指名してドリンクを飲ませてあげます。レディースドリンクといって指名料のようなものです。ドリンクを飲んでいる間は、女性が接客してくれます。

 

Cそして、「気に入った!」となれば女の子のを店外デートに誘います。OKが出れば、お店に連れ出し料(バーファイン)を支払います。お店によって異なりますが、大体1500ペソ〜3000ペソです。

 

 

この連れ出し料の位置づけとしては、「この子を連れ出さずにお店で接客を続けていれば、このくらいは稼げたのだからその分支払ってよ」という感じです。

 

 

なので、お店によってはバーファインという言葉自体が禁止のお店もありますので注意して下さい。もし、連れ出したい場合は女の子に確認しましょう。

 

「高く値段設定された食べ物を頼む」

 

「または、高い飲み物を頼む」

 

という方法でバーファイン代を支払うお店もあります。

 

 

⇒ゴーゴーバーの遊び方をもっと詳しく見ていきましょう。