マカオのゴーゴーバー

ラグビーワールドカップの試合に賭けよう!↓

フィリピンのマニラが危険な理由!!


フィリピンに行かれる観光客の遊びに行く町として、候補にあがるマニラ。遊ばないとしても、マニラ空港経由でアンヘレスやセブ島に遊びに行かれる方が多いのではないでしょうか?

 

フィリプピンはまだまだ発展途上国であり貧困の差が激しい国でもあります。

 

都市部と農村部では収入に大きな格差があり、農村部に住む多くの人々は仕事を求めて都市部に集まってくるのです。

 

しかしながら、マニラの都市部にはこれといった産業もなく、多くの人がその日をどう生き抜くか必死でした。

 

そして、貧困層が集まって暮らす「スモーキーマウンテン」が生まれたのです。マニラ最大のゴミ集積所に付けられた名前ですが、様々な廃棄物が化学反応をおこし、山からは異様な煙が立ち登っていたのでこのような名が付けられました。?

 

廃棄物の中からは、微量の貴金属類が出てくるため、それをお金に変えて生計を立てていたのです。

 

しかし、「これじゃ、いかんだろ!」とアロヨ大統領がスモーキンマウンテンの撤去をしてしまい、山は消滅してしまったのです。

 

 

するとどうでしょう。
今まで、鉄で生活を立てていた人々はニート生活を送るはめになってしまったのです。フィリピン政府は救済処置をする事はありませんでした。

 

山を追われた住民達は、マニラの各所に散らばり、次々とスラム街が生まれて行きました。仕事がない代わりに観光客を狙った犯罪に手を染める人々、貧困対策を打たない政府。?

 

マニラに治安の背景にはにはこんな話しがあるって事を知っておいてください。

 

ただ、ドゥテルテ大統領が就任して2016年以降フィリピン国内ではさまざまな政策が実行され、確実に変化が生まれてきています。

 

米紙フォーブスによる「2016年世界で最も影響力のある人物」ランキングにおいても、ドゥテルテ大統領は70位に選ばれているほと、彼の改革は世界中に影響を及ぼしているようです。

関連ページ

おすすめゴーゴーバー
マカティ地区にあるブルゴスストリート マニラに唯一残ったゴーゴーバー街として ビジネスマンにも大変人気の歓楽街です。
おすすめホテル
空港からも近いブルゴスストリート 更にゴーゴーバー街もある人気の 地域ですので、ホテル予約はお早めに!