アンヘレスのゴーゴーバー

ラグビーワールドカップの試合に賭けよう!↓

アンヘレス ゴーゴーバーの知っておきたいマナー・ルール

アンヘレスのゴーゴーバーに行く前に暗黙のマナーは勉強しておきましょう。

 

 

1.女の子にはチップを忘れずに

ダンサーの中に気に入った女の子を見つけて接客してもらったのに、「やっぱり次の店見てみよう」なんて連れ出すのを止めるときは女の子にチップを上げる事が暗黙のマナーです。

 

会計時に女の子にチップを渡しましょう。日本のキャバクラではチップという習慣はありませんが、フィリピンではこれがスマートなやり方です。

 

2.他のお客さんの席にいる女の子は指名出来ない

ゴーゴーバーにおいてテンションが下がるパターンの1つがコレです。ダンサーの中に可愛い子がいない。。

 

でも、他のお客さんにはついている。。

 

幾ら、その女の子がタイプでも指名出来ないのです。

 

途中でステージに上がるためにお客さんのそばを離れる事もありますが、そのお客さんが帰るまでは指名できません。

 

しか〜し、予約する約束をしていれば話は別です。

 

つまり、前日に女を連れ出しており、その際に、明日も行く約束をしていれば大丈夫です。

 

3.酔っ払って他の女の子にちょっかいを出さない

日本のキャバクラに男同士で大人数で行った際など、自分の横についた女の子以外にもちょっかいを出してしまいますよね。

 

でも、ゴーゴーバーではルール違反です。ちゃんと女の子を指名しドリンクをおごってあげましょう。

 

4.エッチOK,お泊りOKの確認

日本男性客のゴーゴーバーでのトラブルの1つ

 

「女の子を連れ出しても、エッチをさせてくれない」

 

このような悲しい出来事が起こり得るのもゴーゴーバーです。連れ出しすためにお店にお金を払うわけですがエッチは確約されていません。

 

なので必ず確認する事は
・連れ出すことは出来るか
・ホテルに来てエッチは出来るか
・お泊りは出来るか

 

最低限、この3点は確認しましょう。

 

5.お別れの時はスマートにチップを

遊んでくれた女の子には、帰りがけにチップをあげましょう。お泊りであれば1,000ペソが相場とされています。

 

朝まで一緒に遊んでくれたのであれば朝食をご馳走して上げてください。また、帰りの交通費も忘れずに。

 

ただ、朝まで一緒に遊んでいるのであれば相当気に入っていいる事もありますので翌日もお店に行く約束をするのもいいと思います。

 

そのまま、夜まで遊びたいという気持ちにもなりますが、お店に出勤しないと罰金を課せされる場合もありますので女の子が損をしないように調整してあげましょう。

 

 

マナーも大事ですが、何はともあれまずは女の子に気に入ってもらう事が大事ですよね。なので、以下を意識する事お勧めします。

 

ゴーゴーバーで女の子を確実にお持ち帰りするには

エッチの事だけを意識しすぎて、女の子を楽しませる事を忘れてしまってはダメです。

 

フィリピン人はラテン系ですのでノリの良さはピカイチです。

 

なので、仲良くなるのもすぐです。後で楽しみたいのであれば、お店の中で仲良くなっておく事が非常に大事です。

 

 

気に入った女の子を確実にお持ち帰りする!

 

そのために、我々男性人がやらないといけない事は、「おごる」事です。

 

気前の良い男性は好かれます。ケチるような小っちゃい男性は嫌われます。ものすごいシンプルです。

 

なので、どんどんおごってあげる気前の良さを見せてあげましょう。女の子も商売をしているので、売上げを伸ばしてくれる男性は大好きです。

 

また、、女の子の友達を席に呼んであげるのも好印象です。

 

女の子達は節約のために、部屋をシェアしている子、お金を出し合って生活している子がが多いため、仲の良い友達も一緒にお酒をおごってあげる事は女の子にとっては白馬の王子様に見えてしまうかもしれません。

 

というのも、基本給の日給は約200ペソです。日本円で、約400円程度。つまり、日本のキャバクラで1時間働いた給料とフィリピンのゴーゴーバーで1週間働いた給料は変わらないのです。

 

どこで、給料に差を付けるかというとやはり、レディースドリンクです。男性の倍近くするレディースドリンクはお店と折半するスキームですのでどんどん頼めば、女の子達の財布も豊かになるわけです。

 

しかも、連れ出す女の子は2人でも3人でも大丈夫なので、皆で楽しく他のお店で騒ぐのもいいですね。

 

最後のホテルには、お気に入りの子を連れて帰りましょう。

 

その時には、女の子はあなたにメロメロになっているかもしれません。

 

 

そして、そして何より気に入られる為にはコミュニケーションが非常に大事です。基本的にフィリピン女性は英語が堪能ですので英語は少しだけでも話せるようになっておきましょう。

 

母国語はタガログ語と言い、フィリピン女性から好意を持ってもらうには覚えて損はないですが日本人には難しいでしょう。

 

 

⇒おすすめのゴーゴーバーを見ていきましょう。